読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おたくなつまみ

おたくの日常まとめる

【コラム】アニメ『のんのんびより』よ、永遠に~世界一優しい「おかえり」が待っている場所~

f:id:aquahousehk:20150922220848j:plain

のんのんびより終わっちゃったよおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!泣

 

ということでアニメ『のんのんびより りぴーと』の最終回を見終わって目の前が真っ白になっているぽんこつです。

 

アニメの最終回というのは1クールもしくは2クール分(もしくはそれ以上)の起承転結とと季節の変わり目を感じるのでいつもさみしくなりますが、のんのんびよりのように日常生活を描いたアニメはキャラクターの成長過程と劇中の春夏秋冬を見ている分、最終回の時はなおのこと寂しさを感じてしまいます。。もちろんストーリー展開を重点にしたアニメは完走した喜び(名作ならなおのこと)を日常アニメ以上に感じれるので、見終わった達成感はあります。ただし日常アニメは自身の生活にはないもうひとつの日常、生活の一部が自身の生活を置き去りにして終わってしまう分、一つの支えがなくなってしまう気がします。もちろん独断と偏見だけど…w

 

 

仕事で上司や先輩に日々指導や説教を受けて、さらにはお客様にあーだこーだ理不尽なことを言われ、それについても一方的に「お前のせいだ」と言われることがある中で、「のんのんびより」は私の支えでした。登場人物みんなの台詞が前向きで、向上心豊かだったので(もちろんアニメ漫画だからだと思うけど)視聴した後の仕事へのモチベーションが一気に上がりました。どんな失敗もちゃんと反省してどんな理不尽も受け入れ頑張ろうと思いました。

 

第二期「りぴーと」は前期で各キャラのポジションが確立した分、メインキャラ4人(れんちょん、ほたるん、なっつん、こまちゃん)がそれぞれ成長・変身しようとする姿がよく描かれていた気がします。特にれんちょんが小学校を一人で通学することを試みるところや、カブトエビを飼育し命の尊さを知るところ、なっつんがカブトエビを飼育するのに奮闘するれんちょんを支えるところ、ほたるんが都会の友達への報告にできなかった川への飛び込みに挑戦するところ、こまちゃんがほたるんと一緒に暗闇から家に戻ろうと奮闘するところ。。細かく言えばもっと出てきますが、互いが互いを支える場面が多かった気がします。

またメインキャラ同士だけでなく、周りの大人や先輩たちとの交流も一期より多かったですね。とくに前期ではあまり出なかったこのみちゃんによる4人との掛け合いが凄く新鮮でよかったです。あと駄菓子屋とれんちょんの黄金コンビね。。自転車回は何回泣いたことか。。このように二期を一部振り返ってみても、各キャラの成長が春夏秋冬それぞれ情景とともに描かれており、その各話を視聴するたびに私の心が洗われました。特に夕暮れシーンはすげーしみましたわ。。それぐらい「のんのんびより」は私のこの3か月の日常で欠かせないものでしたね。

 

しかしこのたび第二期12話が放送され、私の支えが一つ終着点を迎えてしまいました。SWで地元に帰省していたため、本日遅れながら先ほど録画した12話を見終わりましたが、物凄く心の一部がぽっかり空いた気分です。。スゲー寂しいです。。明日からどうすればいいんだとも思いました。

しかし

 

f:id:aquahousehk:20150922224341j:plain

れんちょん『ほたるん、筍美味しいんな』

f:id:aquahousehk:20150922224315j:plain

ほたるん『うん、すっごく美味しいね』

f:id:aquahousehk:20150922224355j:plain

なっつん『来年も、山菜採ったり、筍採ったり、皆でまた行こうよ』

f:id:aquahousehk:20150922224406j:plain

こまちゃん『そしたら、またここでお花見しようね』

 

『またここでお花見しようよ』

そうこの台詞こそ日常アニメの特権

いつかまた花見をする日を迎える日まで。。それまでにまた川や海で遊び、蛍を見に行ったり、釣りをしたり、炬燵でのんびりしたり、タケノコ掘りにいったり。。こうして春夏秋冬をそれぞれ迎えて、また桜の季節がやってくる。。12話の最後でれんちょん・ほたるん・なっつん・こまちゃんの掛け合いに希望を持ちました。これは三期だよね?という円盤の売り上げも気になるところだけど、こののんのんびよりの世界そのものは終わりを迎えないんだ、おれたち視聴者の心の中にあるんだ!!!こころが叫びたがっているんだ(それ違う)

それでもまた花見シーンのために

三期やってほしいんだああああああああああ

 

こうした4人の掛け合いが描かれている中で、ED『おかえり』が流れて、エンドロールには2期の思い出が流れました。。もう涙腺崩壊でしたよ。。見てて『あの場面良かったな。あそこ思いっきり笑ったな。。』と一人お酒飲みながらしみじみ思いましたよ。。

しかし上記のような日常アニメの特権『またここでお花見しよう』を想い、こうしてアニメでみんなが楽しく日常を楽しむ姿を見れることを楽しみにしています。。

三期が始まるまでとりあえずごちうさ見て社畜の日々を乗り越えますわ←

 

のんのんびよりよ、永遠に。。

 

最後にED『おかえり』の歌詞がスゲーよかったので歌詞が掲載されたサイト(転載はいろいろとまずそうなので)のリンクだけ紹介します。

ただいまリピートで聴いています。サビ部分が最高なんや。。

 

Okaeri | おかえり (Non Non Biyori Repeat | のんのんびより りぴーと ED) Lyrics, 歌詞 | Lyrical Nonsense

 

ニコニコ↓

「のんのんびより りぴーと」 エンディング 【高画質にしてみた】 ‐ ニコニコ動画:GINZA

www.nicovideo.jp

 

www.amazon.co.jp