読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おたくなつまみ

おたくの日常まとめる

【C89】島本和彦先生によるラブライブ同人誌『シマライブ!』第二期&劇場版がいちいち激アツで素晴らしすぎる件(ネタバレ注意)

f:id:aquahousehk:20160101001134j:plain

本日まで開催されたコミックマーケット89より、島本和彦先生が所属するサークルでアニメ『ラブライブ!』をテーマにした同人誌 第二版・劇場版を頒布し、一部で注目を集めています!!!題名は『シマライブ!』でアニメ本編のストーリー軸は守りつつも、島本先生の過去作品『逆境ナイン』に登場するキャラクターサカキバラ・ゴウを暑苦しくも自然と溶け込ます内容となっています。

 

 

第一弾ではμ'sによる初ライブ~小鳥ちゃんの留学展開まで描かれ、今回頒布された第二弾・劇場版はそれぞれアニメ第二期の後半(μ's解散宣言)、劇場版でのスクールアイドル合同ライブまで描かれています。内容自体はアニメを見ていた人誰もが覚えのあるストーリーで島本先生ファンでなくても、むしろラブライブ!ファンのが簡単に受け入れやすいものとなっています。ただ島本和彦先生らしく胸が熱くなる言動や唐突な劇画チックな描写が垣間見れ、読み応えも抜群です。いわばアニメ「ラブライブ!」を監修 島本和彦氏を取り入れた感じです。第一弾を読まれた方はご存知かと思いますが、サカキバラ・ゴウの自然に音ノ木坂学院の教師として所属する感じがツッコミどころ満載だけど、本作ではそこが魅力あるところです。いちいち格言が熱く時にうざいです(褒め言葉

f:id:aquahousehk:20160101200935j:plain

あと第二期版で明らかになったけど、センターに抜擢され覚醒した凛ちゃん推しらしいです。詳しくはぜひ手に取ってみてほしい。

 

第一弾ではいい意味でサカキバラゴウのごり押しでしたが、今回頒布された第二弾・劇場版はラブライブ!本編の魅力ある名シーンが島本チックに変化して、よりアツイものとなっていました。穂乃果ちゃんの雨を止めて決意表明するシーンを島本チックに描くともはや奥義みたいでしたしねwwww

A-RISEとのラブライブ!ではμ'sメンバーが学園のみんなが雪かきした会場までの道のりを、みんなの声援を受けて『乙女魂』として駆けつけ、無理やり決着をつけたりと、これスクールアイドルだよな?Gガンじゃねーよな?と思わず一人突っ込んでしまいました(笑)(それとも逆境ナインでそういうネタがあるのかな?それはそれでまだ未読なので見てみたい…w)てか、真姫ちゃんに至っては意味ワカラナイと自問自答するぐらいですしねwww逆に言えば島本作品のようなアツイ作品が好きな人からすれば最高の同人ではないでしょうか←

f:id:aquahousehk:20160101195006p:plain

 

f:id:aquahousehk:20160101195347j:plain

比べてみても東方不敗にしか見えない汗

 

また劇場版ではまさかの中の人ということで穂乃果役の新田恵海さんが実写風に描かれていました!!!しかも時系列に合わせて紅白ネタ満載wwwww島本先生狙い過ぎでしょwwwww

 

 

 新田恵海さんと穂乃果ちゃんの同人ならではの夢の競演を果たしつつ、海外遠征やスクールアイドル合同ライブといった映画本編での大事な名シーンをしっかり描いていたところは流石でしたね。。しかし合同ライブで穂乃果ちゃんがA-RISEのとの交渉時に「全員μ's化計画の企画書を間違いて出してしまう所は末恐ろしかったです(笑)

f:id:aquahousehk:20160101201111p:plain

ということでツッコミどころ満載だけど、とにかくアツくて胸にくる島本和彦先生によるラブライブ!は読んでるこっちもテンションが高まりました!!なんだか元気が出てくる作品です。落ち込んでいるときにはうってつけかも!

そしてアニメでの感動的な場面もしっかり再現するところはラブライブ!ファンにとってみても素晴らしい作品かと思います。海辺でμ's解散宣言するところもばっちり描かれていましたよ。島本先生が描く穂乃果ちゃんが本編とは違う方向で暑苦しくも一生懸命なのでなんだか読んでいてアニメも思いだしてジーンときましたよ。。

 

ということでラブライブ!ファン、島本ファンどちらにも楽しめる同人誌『シマライブ!』感動のアイドル成長記録と臨場感あふれる島本ワールドのコラボ、気になる方はご覧あれ。

 

 

togetter.com