読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おたくなつまみ

おたくの日常まとめる

【コラム】好きなアニメなら他人の感想で心揺らぐな。好きであることに誇りを持て。

アニメ コラム ツイッターネタ

f:id:aquahousehk:20160306194811j:plain

どうもぽんこつです。すげー久しぶりです。

 

最近、ツイッターでとある漫画が賛否両論を生み、ネット上では少し話題になりました。それがこちらです↓

 

内容は見ての通り、自身が好きなアニメに対して、友達から批判を受けたときの反応をまとめた漫画です。ツイッターをさかのぼってみればわかる通り、この漫画に対して「すごくわかる!!」と同感される方や、「そんなことで興味が薄れるな」と批評される方もいます。

こういうのはまさに賛否両論であり、結論を出すこと自体困難かと思われます。正直アニメの感想は十人十色であり、いろんな意見を生み出します。世の中には「パシフィック・リム」よりも同時期に公開された「実写版ガッチャマン」が好きな人も少なからずいるはずです。さらに「グラスリップ」や「サムライフラメンコ」が神アニメだと称えている人だっているはずです。いくら登場人物みんなが頭のねじ外れているような青春物語を送っていようが、日常パートは面白いけど、ギロチンゴリラといった劇中の空気をぶち壊すような敵キャラが生まれようが、好きな人は好きなのです。

 

 

さまざまな作品を批評的に語る奴は寂しい奴

これは私の個人的な意見ですが、アニメなどを1クールの間1話からずっと批評ばかりツイッターで流す人をたまに見かけますが、これは相当寂しい奴だと思う。アニメ版艦これを見て「なんだよこれwwwww」と草生やすのは全然問題なく、むしろなんだよこれと批判的にも草をはやすほど楽しんでいるのがよくわかります。そういうのがなく、ただずらずらと批評を語る奴、とくに作画や脚本、さらには監督名まで持ち出して批評する奴は「俺はお前らと違う」と一般人のくせに高みの見物を表す寂しい奴だと感じる。いやそういう意見もいいよ。私はそういう人の存在も大事だと思うと、でも見かけると「あーあ、頑張ってるな」と感じてしまう。そう言う人に言いたいのは「アニメは肩の力抜いてみるのが一番だぞ」ということ。酒飲みながら見るアニメは格別だぞ。笑いながら見ようぜ。

 

批判的なコメントにいちいち傷つくな

上記の漫画を少しツッコミを入れるとしたら主人公(著者)がかなり心が弱いと感じる。多分日頃自身の意見に対して批判を受けたことがないかと思う。。学生時代にいじめ(に近いいじり)を受けていた私とすれば、アニメの批判をいちいち自身の心境として拾っていたら、お前自身が崩壊するぞと感じます。そんなことでいちいち自身を傷ついたり、変わったりしたら、自分自身がなくなるぞと心配してしまう。。先ほど言った通り、アニメに限らず、コンテンツの感想というのは十人十色であり、さまざまな意見があります。自身が思ってもいなかった批判的な感想を受けただけで、その作品自体を興味なくすこと自体おかしい話です。もう少し好きな気持ちに誇りを持てよ!!!周りが批判的でも一人が「面白い」と言ってくれれば、その言葉が創作側からすれば勇気づけられるもんだぞ!!!私もニコニコでブロマガやってたとき、一時炎上したけど、それでも毎回コメントくれる読者に勇気づけられたぞ!!!アニメ関係者みんな褒められたいんだよ!!!

 

人の意見が気になるならまとめサイトが一番

まとめサイトがあまり好きじゃないという方もいると思うけど、アニメの感想を共感したいというのもよくある話。あとアニメを見ていて重要かと思われるシーンについてみんながどう思っているか・考察的な部分とか調べるには、ツイッターの実況を見るのが一番ですが、批判的なコメントまたは中身にないコメントを見たくない人は「あにこ便」が一番。このサイトはよくまとまっている。。特にニチアサ実況(プリキュア)に至っては素晴らしいぞ。

anicobin.ldblog.jp

このまとめサイトツイッターの実況を時系列ごとにまとめているのでアニメの振り返りにも使えます。アニメ見て最新話前に振り返りするのにもお勧めです。

 

 

批判されたときの正しい反応

ツイッターでは派生的に下記のようなツイートもタグとしてまとめられていましたので

一部紹介します。

 

 

一部完全にアウトだろwwwww

 

ということで好きなアニメに対して批判されたときに対するコラムでしたが、あなたが好きな作品ならあなたを裏切ることはありません。いや、もしかしたら新作発表かと思いきや、パチンコ・パチスロ化的なコンテンツ展開に裏切られたことはあるかと思いますが、そんなのも含めて好きな作品なら全力で応援しましょう。批判するより楽しむそれがアニメライフを楽しむ第一歩です。

 

もう一度言います

「好きな作品なら肩の力を抜いて見よう」

 

 

あ~居酒屋でアニメの話してええ~。